小顔治療は美容クリニックにお任せ|たるみなどの問題も解決

目を閉じる女性

顔のサイズ調整

顔

注入治療は慎重に行います

手軽に出来る小顔整形として近年人気があるのが、脂肪溶解注射やボトックス注射です。この手の治療はメスを使用しないことから、ダウンタイムが少なく利用者が増えています。ですが、実の所かなりの慎重さを必要とするのがこの手の注入系の治療です。治療効果は、医師の見識や技術、センスに左右されることが多く、トライする際には他の整形治療同様に熟慮が求められます。脂肪溶解注射やボトックス注射は、膨らんだ組織を小さく見せることが一つの目的です。ですので、治療後は少なからずサイズダウンが見られます。適切なサイズダウンを得るためには、医師の熟練した腕が必要となるのが常です。万が一失敗すると部分的なサイズが小さくなりすぎてしまい、場合によっては老けた印象の顔立ちになってしまうことがあるのが問題です。特に頬や目元、口元は要注意となります。小顔を目指す場合にも、部分的に多少のふっくら感を残しておくことが大切です。小顔整形を受ける際には、こういったサイズの調整にも気を配る必要があります。

脂肪と筋肉を調整します

顔は骨格と筋肉、脂肪で主に構成されます。従って、小顔を目指す場合にもこのような部分に注目して整形治療を行うのが一般的です。大概の方は複数の問題が絡み合って顔が大きく見えているため、整形治療を受ける際にはその都度バランスを見ながら細かい調整が必要になると考えられます。脂肪と筋肉へのアプローチを同時に考えられる医師と出会えれば、このようなバランスの調整は容易です。顔の印象には、実際様々な要素が関係します。ですので、小顔整形においても常にバランスが大切です。部分的に施術を行った場合は、それに伴って新たな調整の必要が生じます。頬をサイズダウンした場合には、唇や顎を若干ふっくらさせるといった微調整が老け顔にならないためのコツです。医師のセンスもさることながら、自分サイドでもある程度バランスについて考えておくことが求められます。人任せにしない姿勢が、小顔整形においても重要となるポイントです。情報を集めることで、素人でもある程度整形のアプローチが見えてきます。