小顔治療は美容クリニックにお任せ|たるみなどの問題も解決

目を閉じる女性

新タイプの輪郭用注射とは

注射

腫れにくい脂肪溶解注射

小顔にする方法として、美容整形ビギナーの女性がまず最初に選ぶのは注射による小顔整形法です。美容整形に初めてトライするような女性にとっては、やはり整形後に顔がしばらく腫れたり、手術中は麻酔が効いていてよいとしても術後に患部が痛かったりするのは気が進まないものでしょう。小顔整形用の注射は美容クリニックによっていろいろなタイプがあります。その中で最近注目されてきたのがBNリポスカルプティング注射という注射法です。それまで一般に行われていた脂肪溶解用の注射には、ある成分が入っていました。それはフォスファチジルコリンという成分ですが、これが入っている小顔整形用の脂肪溶解注射には、小顔効果がはっきり現れるまでにひと月くらいかかってしまうという欠点があったのです。しかし今回開発され小顔整形に使用されているBNリポスカルプティング注射は、わずか3日程度で効果が出始めるという長所を持っています。さらに、フォスファチジルコリンが入った小顔整形注射の場合と比べてはるかに腫れにくいものになっています。

マイクロカニューレの長所

新しいタイプの脂肪溶解注射であるBNリポスカルプティング注射は、腫れが小さい上に小顔効果が従来の注射と比べてずっと早く出るというメリットがあるため、繰り返し施術を受けるのに適しています。もちろん脂肪溶解注射なので、1回の施術でも効果は感じられます。しかし継続して何度か注射を受けることによって、小顔効果をさらに確かなものにすることができます。効果の出方には個人差もありますが、多くの人が3回から5回くらいこのBNリポスカルプティング注射を受けたいと希望しています。特に回数に制限はありませんが、注射と注射の間は1週間から2週間程度開ける方がよいといわれています。BNリポスカルプティング注射を行っているクリニックの多くは、注射時にマイクロカニューレという先端が丸くてサイドに穴の開いている針を使用します。マイクロカニューレには普通の針と比べて皮膚内に内出血を起こしにくいという利点があるのです。また、マイクロカニューレには注入液を注射する深さを調節しやすいというメリットもあります。