小顔治療は美容クリニックにお任せ|たるみなどの問題も解決

目を閉じる女性

タイプ別に顔を小さくする

美容整形

エラが張っている場合には

美容整形を受けて小顔にしたいと望んでいる女性が自分の顔について抱いているコンプレックスには、大きく分けて二つの種類があります。そのひとつはエラが張っていること、つまり太ったことが原因ではなく、骨格や筋肉に原因がある場合です。エラが張っているために小顔になれないという女性の場合、骨格がもともと張っているか、あるいは歯ぎしりのくせなどが原因で筋肉が発達しすぎていることが問題となっているのです。エラの張りが骨格によるものであれば、エラ削りと呼ばれる整形で改善します。この整形法は、エラの骨や咬筋という筋肉を削り取ることによって小顔にするというものです。手術後は傷が残りますが、形成外科的な処置によって目立たなくすることができます。この整形法のメリットは、一気に小顔にできるということです。エラの筋肉だけを処置する場合は、おもにボトックス注射が用いられます。ボトックス注射の方がエラ削りよりは整形施術も簡単で傷跡も残らないため、今後はボトックス注射が小顔整形法の主流となっていくと見られています。

輪郭注射と脂肪溶解注射

小顔に整形したい女性が持っているコンプレックスの二つ目は、顔が太ったことによって大きく見えるということです。つまり顔に脂肪がつきすぎてしまった状態です。この場合は輪郭注射という注射が効果的です。美容クリニックによって、小顔輪郭注射や脂肪溶解輪郭注射など名称がいろいろあります。ここで気をつけたいことは、この輪郭注射は従来の脂肪溶解注射とは別物であるということです。従来小顔整形のために行われてきた脂肪溶解注射は、副作用として痛みや腫れがあったのです。もちろん、美容整形には痛みや腫れを伴うものがたくさんありますが、注射でできるプチ整形は通常痛みや腫れのないことがメリットであるとされています。このため、痛いのが嫌だからプチ整形の脂肪溶解注射を受けたのにひどく痛かったなどと、患者からクレームの出ることがあったのです。しかし改良型の輪郭注射では、医療用のハーブエキスなどを混合することによって痛みや腫れがほとんどない注射にすることができました。ただ、従来の脂肪溶解注射と名前がまぎらわしいため、施術を受ける際にはよく確かめることをおすすめします。